タップ生産工場で植物由来廃食用油利用の実証実験中 オーエスジー

全国初環境対応、八名工場より横展開拡大中

オーエスジー(本社=愛知県豊川市、大沢伸朗社長)は、世界最大のタップ生産工場である八名工場(愛知県新城市)にて今春より、全国初となる植物由来の廃食用油を利用した工作機械による各種加工の実証実験を開始している。

スタートは、タップの前工程での荒ねじ転造加工などにおいてテストし、切削工程での検証に進む。

これは、豊橋市に本社を置く斎藤塗工店(板橋正浩社長)のテスト依頼に応える形で、八名工場の一部を利用して実証実験を開始したプロジェクトで、八名工場 製造技術担当の乗松顕太朗氏によれば、「各種改良を重ねながら、実証実験を進めるなかで結果は良好であり、加工における工具品質にも特に問題はない」と解析している。

さらに、このプロジェクトを推進するオーエスジー 大沢二朗常務は、「安価で大量に使用している鉱物油から全てが置き換わることは難しいが、今後、鉱物油の使用を少しずつ減らし、廃食用油の再生利用を進めることで、環境にやさしい取り組みに挑戦したい」と豊富を述べる。

日本政府は2050年までに温室効果ガスを実質ゼロ(カーボンニュートラル)とする目標を打ち出していることから、鉱物油に比べ若干のコスト増とはなるものの、オーエスジーでは、廃食用油のリサイクル活用による鉱物油の使用量削減という形で、微力ながら貢献できるものと考えている。