CoroDrillⓇ「462-XM」「862-GM」を導入 サンドビック

新しいジオメトリー仕様 次世代の小径超硬ソリッドドリル

サンドビック・コロマント(本社=名古屋市名東区、山本雅弘カンパニープレジデント)は、最小径Φ0・03から最大径Φ3・0の汎用タイプ小径超硬ソリッドドリル『CoroDrillⓇ462-XM』および最小径Φ0・3から最大径Φ3・0の最適化した仕様の小径超硬ソリッドドリル『CoroDrillⓇ862-GM』を導入した。

両新製品は、従来ドリルであるCoroDrillⓇR840および862の小径超硬ソリッドドリルの次世代の位置づけとした新しいジオメトリーの仕様であり、従来超硬ソリッドドリルに対して、ドリル径と加工深さのラインナップを拡充した。

CoroDrillⓇ462-XMは、Φ0・03からΦ3・0のドリル径で、加工深さ6xDcを標準ラインナップしている。超硬ノンコート「H10F」はΦ0・3からΦ1・5の0・05㎜飛びで標準在庫、超硬コーティング「X2BM」についてはΦ1・55からΦ3・0の0・05㎜飛びを標準在庫している。

CoroDrillⓇ862-GMにおいては、超硬コーティングがΦ0・3からΦ3・0のドリル径に対して、加工深さ9xDc、12xDcおよび16xDcをラインナップし、加工深さ12xDc以上については、パイロット穴を必要とし、専用のパイロットドリルとして、『CoroDrillⓇ862-GP』を併せて導入している。

さらにCoroDrillⓇ862-GMシリーズには、一体焼結ダイヤのPCD材種「N1DU」についてΦ0・3からΦ3・0までを受注生産として標準ラインナップし、N1DUに限り顧客仕様の穴に対応できるテーラーメードでの製作が可能となっている。

このPCD材種のN1DUは、アルミ、銅合金はもちろん加工でき、難削材であるチタン、プラチナやCFRP、さらにはセラミックといった被削材にも対応している。

PCDは超硬の75~100倍の耐摩耗性を備えているため、超硬材種と比較して50~100倍の工具寿命が期待できる。CoroDrillⓇ862-GMは、最適化のジオメトリーによりクロス穴や重ね板の穴あけのアプリケーションにも対応している。