MECT 2021 三菱マテリアル

「応える、魅せる、攻める」テーマに多彩なトータルソリューション紹介

三菱マテリアル 加工事業カンパニー(本社=東京都千代田区、田中徹也カンパニープレジデント)は、10月20~23日にポートメッセなごやで開催される「メカトロテックジャパン(MECT) 2021」に、「応える、魅せる、攻める 2021」をテーマに、同社超硬工具ブランド「DIAEDGE」のコンセプトである「高品質な商品・サービスの提供」「最先端技術による商品・サービスの提供」「お客様との協調」に基づき、三菱マテリアルならではの多彩なソリューションを紹介する。

展示ブースでは、新製品を中心に、ターニング工具・ミーリング工具・ドリリング工具・精密小型部品加工用工具などを展示する。

主な出展製品は、▽刃先振れ調整式鋳鉄加工用正面削りカッタ『WSF406W』▽汎用超硬ソリッドドリル TRISTARドリルシリーズ『DVAS』▽鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種『MC6100シリーズ』。

■ 新製品
高硬度鋼加工用『IMPACT MIRACLE』エンドミルシリーズに「VFRPSRB」追加

三菱マテリアル 加工事業カンパニーは、高硬度鋼加工用『IMPACT MIRACLE』エンドミルシリーズに4枚刃高精度ラジアスエンドミル「VFRPSRB」を追加し、販売を開始した。

IMPACT MIRACLEエンドミルシリーズは、高硬度鋼加工で優れた耐摩耗性を実現するエンドミルとして、多くのユーザーより高い評価を得ており、このたび、4枚刃高精度ラジアスエンドミル(VFRPSRB)を97アイテム追加した。主な特長は次のとおり。

①耐酸化性と潤滑性に優れる新開発(Al、Cr、Si)N系コーティングと耐摩耗性と高密着性で実績の高い(Al、Ti、Si)Nコーティングの組み合わせにより高硬度鋼加工で優れた耐摩耗性を実現。

②ボール部と外周部のシームレス化(つなぎ目なし)と強バックテーパ、ワイパー刃の採用により高精度な加工が可能。

③工具中心を基準にコーナR精度を管理することにより、高精度なコーナR精度を実現。

高能率アルミニウム合金加工用エンドミル『Alimasterシリーズ』にDLCコーティングタイプ追加

また同社は、高能率アルミニウム合金加工用エンドミル『Alimasterシリーズ』にDLCコーティングを採用した3枚刃スクエアタイプ「DLC3SA」4アイテム、同じくラジアスタイプ「DLC3SARB」13アイテムを追加し、販売を開始した。

最近のアルミ切削加工では、加工機械の剛性が高くなったことで、高能率加工が求められている。また、環境に対する意識の高まりに伴い、ドライ加工への関心が高まっており、ノンコーティングで展開して好評を得ているAlimasterシリーズに、耐溶着性と密着性に優れた独自開発DLCコーティングを採用することにより、安定した高能率加工、ドライ加工、美しい仕上げ面を実現する3枚刃スクエアエンドミル(DLC3SA)、3枚刃ラジアスエンドミル(DLC3SARB)を追加した。主な特長は次のとおり。

高機能&ECO

①耐溶着性と密着性に優れた独自開発DLCコーティングの採用により、摩擦係数を低減し、溝・コンタリングなど切りくず排出性が求められる加工で安定加工を実現。

②環境負荷が低いとされるドライ加工を実現。その際、エアブローを使用することで、切りくずの噛み込みを防止し、より安定した加工が可能。

【小間番号・2A20】