SpaceBD 永崎社長の「宇宙商社語録」

商社への憧れは「社会を変えたい熱意」

Space BDでも「マーケットの機微がわかる」姿勢を大切にしています。

「本当のマーケットの匂い」や「動き」がわかる組織です。だから大胆な手を打つ時も、表面化していない情報を掴んでいることができるのだと思います。

昔の商社マンはそれを意識してやっていたのかといえば、「もっと純粋だった」のではないか? と思いますが、私の商社への憧れはまさにその社会を変えたいという熱意でした。

1876年に旧 三井物産の創業者・益田孝氏が、不平等条約で外国商家に牛耳られたおかしな貿易を日本人の手に取り戻さなければならないという志から三井物産をスタートさせたという話が私はとても好きです。

政商型貿易人といわれた時期もあったのでしょうが、本当に「お役に立とう」と思い、純粋にビジネスを進めた結果が商社として大きくなった。このことは私自身がビジネスを遂行する上で非常に大事にしています。
(続く)

【Space BD(東京・日本橋室町)は『宇宙商社』を標榜し、2017年9月の創業以来、「日本発で世界を代表する産業と会社をつくる」ことを目標に掲げ、宇宙の産業化を促進していくためのサービスを展開している】