タンガロイ

『テトラ・ミニ・カット』シリーズにさらい刃付きねじ切りインサートを拡充

タンガロイ(本社=福島県いわき市、木下聡社長)は、4コーナ仕様の『TetraMini‐Cut』(テトラ・ミニ・カット)シリーズにISOメートル外径ねじ加工用さらい刃付きねじ切りインサートを拡充し、販売を開始した。

テトラ・ミニ・カットは、小型かつ4コーナ仕様で経済性に優れ、独自の高剛性クランプシステムを採用し、刃先位置精度の安定化、優れた加工精度、安定寿命を実現する工具シリーズである。

今回拡充したさらい刃付きねじ切りインサートは、すでに好評を得ているテトラ・ミニ・カットシリーズ60°普通刃ねじ切りインサートおよび溝入れインサートと同じホルダに搭載可能であり、さらい刃付きにより外径管理が容易になり、加工後のねじ山のバリ発生を抑えられる。
さらにホルダとインサートを独自設計したことで心押しおよびフランジ面への接近性にも優れる。またピッチに応じて「SH725」「AH725」の2種類の材種を設定し、さまざまな加工形態に応じて最適なインサートを提案できる。

主な特長は次の通り。

①4コーナおよびさらい刃付きねじ切りインサートにより優れた経済性を実現。

②さらい刃により、外径管理が容易となり、加工後のねじ山のバリ発生を抑制。

③ピッチに応じて2種類の材種(SH725・AH725)を設定し、さまざまな加工形態に対応可能。

④ISOメートル外径ねじ加工用ピッチ0・5~1・5㎜まで対応可能。

⑤独自設計により優れた心押しへの接近性、フランジ面への接近性を実現。

アイテム数は7アイテム。