タンガロイは、倣い加工用カッタ『DoTwistBall』(ドゥー・ツイスト・ボール)のラインナップを拡張した。

信頼性を大幅に向上した倣い加工用カッタのドゥー・ツイスト・ボールは、インサートをねじれ形状とすることで、インサートとボディとの接触面を広く確保して、高負荷の加工に対応できる(ツイストクランプシステム)。また、インサートの断面積が大きいため、亀裂によるインサートの破断を抑制する。

インサートはラジアスタイプ(R4、R5、R6)、および高送りタイプの2種類をボディに取り付けることが可能で、金型のような形状加工に効果を発揮する。

好評の04サイズに関し、要望が多いボアタイプ3種類(工具径Φ42、Φ52、Φ63)を拡充した。主な特長は次の通り。

①ツイストクランプシステムでクランプ剛性を大幅に向上し、優れた安定性②ラジアスタイプ、高送りタイプの2種類のインサートをボディに取り付けることが可能。