DMG森精機「自動化とデジタル化のモデル工場」


DMG森精機は、ドイツ・バイエルン州に位置し、欧州最大の生産拠点であるフロンテン工場に新設した「monoBLOCKエクセレンスファクトリー」の稼働を開始し、自動化・デジタルソリューションを活用し、「自動化とデジタル化のモデル工場」として、5軸制御マシニングセンタ『monoBLOCKシリーズ』の生産工程を革新した。

新設した広さ4000㎡のmonoBLOCKエクセレンスファクトリーでは、無人搬送車(以下、AGV)によるライン生産を導入した。レール上を走行するシステムとは異なり、AGVはより柔軟なソリューションであり、リモートコントロールで自由に操縦可能で、毎分45㎜の速さで次のステーションへ機械を自動で移動させる。monoBLOCKシリーズの生産では、組立から基本精度、カバー取り付け、品質検査まで全34工程のライン生産を実施している。AGVによる効率的なライン生産の導入により、従来10日以上掛かっていた1台あたりの生産リードタイムが7日に短縮し、生産性が30%向上した。これにより、年間生産能力は従来の600台から1000台に拡大した。

デジタルソリューションの面では、製造現場の生産性向上をデジタル化により支援する、アプリケーション作成プラットフォーム「TULIP(チューリップ)」を導入した。TULIPはライン生産を支える重要なツールである。プログラミングの専門知識が不要で、現場作業者が素早く、直感的に、作業手順書や検査・品質管理、機器モニタリングなど独自のアプリケーションをつくることができ、加工機や計測機器、既存システムなどとも連携できる。

また、TULIPは品質を高く安定して保つためのツールでもある。図面や写真、動画を用いた分かりやすい作業指示により、組立や品質管理などの複雑な工程を効率化し、人的ミスを排除する。さらに、作業実績や機器の稼働状況などバリューチェーン全体の情報をリアルタイムで可視化し、工程改善の好循環を生み出す。