高度な情報交換の場として活用できるオンライン展示会に393社が出展

最先端の工作機械やその他関連機器・技術が世界中から集結し、高度な情報交換の場として活用が期待されるオンライン展示会『JIMTOF2020 Online』(主催・日本工作機械工業会/東京ビッグサイト)が開催され、世界8カ国・地域から393社(国内369社、海外24社)が出展する。

https://www.jimtof.org/online/jp/

 

会期は、11月16日(月)10時~11月27日(金)17時(土日祝含む)をコアタイムに設定している。さらに、11月27日(金)17時~12月11日(金)17時をアーカイブ期間とし、コアタイムの設定はない。

JIMTOF2020 Onlineは、オンライン展示とオンラインセミナーで構成する。

展示では製品・技術・サービスの情報を掲載し、来場者へのPRや情報発信に活用できる場として、アンケート機能やチャット機能、セミナー動画の配信等のオンラインならではの機能を用意し、実りある商談の実現をサポートする(ただし、アーカイブ期間はアンケート機能、チャット機能利用不可)。

製品ひとつに対し製品情報ページが用意され、画像や動画も交えた製品・技術がPRされる。新製品・技術情報については、出展者ブースページに加え、新製品のみが閲覧できるコーナー等のPRの場が設けられるほか、出展社が自社の製品・サービスに興味を持った来場者の情報を取得することが可能(名刺交換機能※)で、 チャット機能(※)を用いて、リアルタイムでのコミュニケーションをとることもできる(※印はオプションメニューとなる場合あり)。

セミナーでは、5G・AI・先端技術など、JIMTOFならではの専門性の高い主催者セミナーや、学生向けのトップセミナーを配信する。各種セミナーは、オンデマンドで公開するので、何度でも見返すことができる。

学生限定企画の工作機械トップセミナー「ようこそ夢のある工作機械の世界へ」(11月21日・土/13時30分~16時30分)では、全国の学生を対象に、世界で活躍する工作機械やその技術のおもしろさをオンラインで紹介する。

さらに、工作機械メーカー経営者による講演(講演者=岡本工作機械製作所 石井常路社長)、工作機械産業に従事するエンジニアによるラウンドテーブルトーク(ファシリテータ=東京電機大学 工学部機械工学科 松村隆教授)、工作機械メーカー各社とのオンライン交流会が予定されている。

また主催者セミナーでは、11月16日(月)14時~15時にトヨタ自動車 鯉渕健氏が基調講演を行い、11月20日(金)11時~12時には、「ガンダム、横浜で動く」と題し、ガンダム GLOBAL CHALLENGEの4名による特別講演が行われるほか、6つの講演を予定する。

本来であれば、今年12月に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)での開催を予定していた、世界最大級の工作機械見本市『JIMTOF2020』(第30回日本国際工作機械見本市)だったが、オンライン開催となったものの、来場者(視聴者)はいつでも、どこからでも参加(アクセス)することができ、時間や場所の制約なく最新情報に繋がることができるため、これまでリアルの展示会へ来場できなかった人たちの参加も期待できる上、リアル展示会であれば会期は6日間のところ、オンラインではアーカイブ期間も含めれば、約1ヵ月間継続した情報発信が可能となる。