DMG森精機

工作機械にニコンの非接触レーザースキャナー搭載開始

DMG森精機(本社=名古屋市中村区、森雅彦社長)とニコン(本社=東京都港区、馬立稔和社長)は、昨年(2019年)11月に包括的な業務提携を行うことで基本合意し、その後、今年(20年)3月に正式契約を締結した。

今回、この包括的な業務提携の一環として、ニコンの非接触レーザースキャナー『LC15Dx』をDMG森精機の工作機械に搭載することが決定し、両社は売買契約の締結に関し基本合意した。

ニコンの非接触レーザースキャナーLC15Dxは高性能データ処理機能の搭載により接触式の三次元測定機と同等の精度で、さらに高速に多点測定をすることが可能であり、タッチプローブでの測定が困難な小寸法や複雑な形状の被検物など、さまざまな部品を非接触で効率よく測定することができる。

DMG森精機は独自の非接触機上計測システムにこのLC15Dxを組み込み、オプションとして一部の工作機械に搭載し、今秋より販売を開始する。

航空機や建設機械、エネルギー産業向けの大型ギヤやタービンブレードの計測・測定に最適で、加工工程の改善、加工精度の向上に貢献する。搭載機種は順次拡大予定。

DMG森精機と光利用技術と精密技術をコアとし幅広い技術力を持つニコンのそれぞれのリソースを組み合わせることでシナジーを創出し、DMG森精機とニコンはともに、革新的なソリューションをユーザーに提供していく。