<未収録 Playback篇>オーエスジー

2月/オーエスジー 定時株主総会

OSG新製品開発の取り組みをプレゼン
「加速するEV化の潮流に対応」

オーエスジー(本社=愛知県豊川市本野ケ原、石川則男社長)が2月22日に、同社アカデミー グローバルテクノロジーセンター(豊川市一宮町)で開いた第107回定時株主総会では、開会に先立ち、新製品開発の取り組みとして、「加速するEV化の潮流に対応するOSG製品について」のプレゼンテーション(同社デザインセンター 転造工具設計グループ)が行われ、概ね、次の内容が語られた。

次世代自動車には4 種類があり、この中で完全電気走行をするEVについて、日本ではまだまだ普及途中ではあるが、今後は欧州、中国の自動車メーカーの製品投入が牽引して、EVの普及割合が大きくなっていくだろう。

最近では米中貿易摩擦、英国のEU離脱問題、そして中東情勢など世界情勢が影響し、これまでの成長基調から一転し、自動車販売台数は鈍化している。その一方で次世代車の新車販売台数は好調に推移している。燃費規制や排ガス規制といった環境規制のほか、エネルギー政策や産業振興政策といった各国のさまざまな施策のなか、次世代車の普及はさらに拡大していくと予想され、自動車業界に押し寄せる電動化の波がもたらす変化を考えていかなければならない。

部品点数が大幅に減る一方で、参入するプレイヤーが増えるなか、今後成長が見込まれるアイテムにターゲットをフォーカスして、車体、ブレーキ、モータといった部品に関連する工具の開発にオーエスジーでは取り組んでいる。

まずは自動ブレーキについて。EV化に関わらず自動車の安全性が求められ、先進緊急ブレーキの装着の義務化が世界的に進んでいる。全世界で自動ブレーキの装着が多く進められている中、自動ブレーキがEV化にどのように関わるか。従来の内燃機関のエンジンにおいては、ブレーキの力を増幅するためにエンジンの力を利用していたが、EVではエンジンがなくなるため従来の方式では対応できなくなる。

したがって、最近ではこれに変わるものとして、伝動ブレーキブースターが登場した。すでに世界各社のメーカーが生産を開始しており、これらの部品加工用にオーエスジーは工具の提供を始めている。具体的には、ブレーキブースターの内部にはボールねじ(ねじ軸)とナットが組み合わさった部品が使用されているが、ナットの加工用にはボールねじタップ、軸の加工用には転造ダイスが使われており、これらの工具をオーエスジーで提供している。

次に車体に関しては、EV化が進んでも車軸に関してはEVシフトでも必要とされる部品となる。自動車の足回りについては、フロントドライブシャフト(等速ジョイント)、リアドライブシャフト、プロペラシャフトといった部品が使われている。

完全電気自動車の車軸部分には等速ジョイントという部品が従来自動車と同じく使用されているため、等速ジョイントについては今後、自動車生産の伸びとともに拡大していく部品であるとオーエスジーでは考えている。市場は拡大傾向で2022年には5億1800万本の年間生産規模が予測されている。

等速ジョイントのパーツとしては、アウターレースという部品があり、両側の軸のスプラインとねじの転造加工用にはラック型の転造ダイスが用いられている。オーエスジーはこのダイスの供給を行っている。

また、アフターレースに合わせてインナーレースについては、交換可能なヘッドボールエンドミルによるミリング加工が行われており、これらの多くのエンドミルをオーエスジーは提供している。他にも、ケージという部品には超硬CBNスクエアエンドミルによるフライス加工が行われている。このようにオーエスジーは、等速ジョイントの製造において総合的に関与している。

さらに、視界系・利便快適系の部品(自動車用小型モータウォーム)といった電気・電装部品に関しては、EV化シフトが加速したとしても、今後もさらに使われていくと予想される。

また、自動車のEV化による遊星歯車機構の減速機では、内歯車の歯切りにはブローチやギヤシェーバーが使われるが、第3の加工としてスカイビングが注目される。今後オーエスジーは、歯車加工に対しても工具を提供していく方向性である。

まとめとして、加速するEV化の潮流に対応するために、日本のものづくりは大きく変化してきていることを意識し、オーエスジーは時代のニーズに応える新商品の開発、そして徹底的に研究し、自動車メーカーと連携し開発を進めていく。良い工具を提案できれば、ものづくりの発展に大きく貢献できるという考えで取り組んでいく。
(※2月22日取材時点)